針が刺さりにくいのは血管の老化

注射しにくい患者さんってたまにいますよね。ですがその特徴も2つに分かれているってご存知ですか?1つは、肉付きの良い患者さん。もう一つは血管が老化している患者さんです。その場合の対処法としては、血管を温めるということになります。また、血管が老化している患者さんは、血管が破れやすいという特徴もありますので注意が必要です。

注射の痛みを感じにくくする方法

注射が苦手な患者さんには、どのようにすればスムーズに注射することができるのでしょうか。ここでは、出来るだけ痛みを感じさせない注射法をご紹介しています。簡単に説明すると、注射時は患者さんに注射針を見せないことや深呼吸をしてもらい呼吸に集中させることがポイントです。ですが、コツを理解しただけではスムーズにはいきませんので、練習あるのみですね。

採血時に腕に内出血を作らない方法

採血後に内出血を起こした患者さんが、ナースの採血が下手だったんじゃないか?と怒って抗議に来ることがありますが、それの多くはナースの技術力が原因ではありません。実は採血後の患者さんの止血に問題があるのです。ここでは内出血を起こさない止血法をご紹介していますので、しっかりと勉強し患者さんに伝えてあげましょう。