ひたすら練習

初めはみんな注射が下手

ナースは「腕フェチ」の方が多いと思います。ナースの職業病に近いものかもしれませんが、ついつい人の前腕が気になってしまい腕を見てしまうことが多いようです。あの腕は血管に針が刺しやすそうだとか、筋肉質な腕をみると太い血管に太い針を刺してみたいなどですね。ということは、「腕フェチ」というよりも「血管フェチ」というほうが正解かもしれません。腕というより、目に付きやすい腕の血管をみてしまうということです。
しかし、誰でも初めから採血、点滴などの注射が上手にできるわけではありませんよね。特に最近では、学生間での人体をつかっての注射の実践練習はできないとのことですからなおさらです。ほとんどの新人ナースは病院に勤務し始めてから、一般的には春の患者さんの前に出るまでのオリエンテーションで新人ナース同士での人体を使っての注射の練習をします。練習で経験を積み慣れた後に、実際に患者さんに採血や点滴の実践を行います。初めて患者さんに注射針を刺すときは緊張することでしょう。注射針を血管に刺すのは意外に難しく、皮下注射や筋肉注射など考えずに刺せるものとは違い、針を刺す際に血管が逃げてしまったり、人によって肉のつき方や血管の張りや硬さが違い、誰にでもできるというものではありません。

失敗も経験

たまたま運が悪いと一度や二度は注射を失敗された経験のある人もいるでしょう。新人ナースは経験が少ないため、患者さんへの注射に緊張してしまいます。年齢が若い患者さんは血管が太く柔らかい場合が多く針を刺しやすいのですが、高齢の患者さんは血管が弱く破れる場合もあります。点滴後の腕にあざのようなものができたことがあると思います。あのあざのようなものは血液が血管から皮下に漏れてしまった状態です。時間がたつと身体に吸収されあざのようなものは消えますので心配はいりません。
また血管がどこにあるかわかりにくい人もいますよね。どういう場合かというと、肉付きがいい患者さんや脱水症状で血流が弱まっているなどの患者さんがそれに該当します。そういった場合は、注射の難易度が高いために経験のあるナースが注射をすることが多いようです。経験の浅い新人ナースは、何度も何度も失敗して患者さんに謝りながら採血することになるでしょう。患者さんが相手ですので失敗してもいいとは言えません。すごく緊張して神経をすり減らしながら新人ナースさんは注射に取り組んでいることでしょう。こればかりは、注射針を刺して感覚を覚えなければならず、やればやっただけ経験値が得られ上達していくので、やはり実践あるのみということでしょう。